読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Studio3104::BLOG.new

uninitialized constant Studio3104 (NameError)

孕ませ駆動結婚のおかげさまでそこそこまともにサラリーマン生活を営めている話 #childrenac2012


子育てエンジニア advent calendar 2012 : ATND 21日目です。
親になったことで、ゴミクズが少しだけまともになった話を書きます。
結果的につまらない自分語りになってしまいましたが、、、

Who am I ?

26歳男性、最近は超太り気味です。
2008年11月に第一子(長女)が誕生してお父さんになりました。
2011年6月には第二子(長男)を授かっております。
株式会社バタ●●イというところで、主にミドルウェアより下の面倒を見ております。

妊娠がわかるまで

株式会社●●フラ●に入社する前の会社の前があるのですが、一人親方的な仕事をしていました。
インターネットの接続設定や、PCのトラブル対応などをオンサイトで行うような感じの仕事です。
当時はいわゆる光回線バブル全盛で、ADSLやナローバンドから光回線に切り替えをする家庭が多く、ものすごくたくさん仕事がありました。
完全歩合の報酬制度だったことと、月に1,2日しか休んでいなかったので、平均月収が地方公務員の部長以上というレベルでした。

そして仕事が終われば毎日パチンコ屋に行き、その後は朝までダーツバーで酒飲んで、車かお店で寝てそのまま仕事に行くみたいなことを毎日続けていました。
身の丈に合わない収入があったので、調子に乗って毎日豪遊、散財していました。

ゴミクズですね。
仕事をしていただけマシっぽくも思えますが、当時は国民健康保険料を払っていませんでした*1し、確定申告も、あまり覚えてませんが超適当だった気がします。
ゴミクズです。
妻とはこのときから一緒に住んでいましたが、家賃とか光熱費もちゃんと払ってなかったような気がします、、
ゴミクズのほうがまだマシですね。

小金持ち時代の終焉

そんなゴミクズ生活を支えていた光回線バブルがはじけ始めると、伴って仕事は少なくなります。
もちろん収入も少なくなっていきます。
そんなときに、妻が妊娠しているとわかりました。

収入も減っているし、今後仕事が増えそうな見込みはありませんでしたので、キャリアチェンジを試みました。
選択肢はこんな感じ。
・元請けでは電話工事のシゴトも受注していたので、それをやる
・インターネット接続の設定をやっていて、ルータとかに詳しくなっているつもりになっていたのでネットワークエンジニアになる
・安定の公務員を目指す

電話工事は単価がものすごく高く、今はわかりませんが当時はめちゃめちゃ稼げる仕事でした。
が、なんとなくやりたくなかったのでこの選択肢を捨てました。
そして、公務員はなんかつまらなさそうなのでナシ。

消去法でネットワークエンジニアを選択、未経験でも正社員にしてくれるところを探しました。
仕事が少なくなったといえども、まぁたぶんそこらへんのおじさんよりはまだたぶん多くの収入を得ていたと思います。
未経験で正社員となったときには収入が激減する。
この痛みは半端ではありませんでした。

なんとか正社員として雇ってくれるところを見つけ、働き始めました。
月給は税込で23万円。激減はしましたが何の能力もなく、新卒でもない人間にここまでくれる会社は稀有だと思いますのでラッキーでした。

ゴミクズからの脱却

妊娠がわかり、就職に成功してからは一切の遊びをしなくなりました。
というかお金がないから出来なかったというのが正しいかも知れません。
今思えば収入が減ってよかったのかも知れないと思えます。

ただ、未だに後悔していることがあります、ベースを売ってしまったことです。
妊娠がわかった途端に、僕に何の相談もなく妻は仕事をヤメたため、二人分の生活費を激減した僕の収入だけで賄わなくてはならなくなりました。
当然生活が成立するわけなどなく、生活費を捻出するために漫画やゲームを売りました。
それでも足りず、愛機のMusicmanStingRayを手放してしまうことになったのです、、
おじさんになったら絶対に買い戻したい。絶対。

話がそれました。
ネットワークエンジニアを希望して入った会社ですが、実際にはサーバエンジニアという扱いで採用してもらったため、最初の1ヶ月はみっちりLinuxの基礎勉強をさせてもらいました。
LPICレベル1を1週間で取得し、カリキュラムもかなり早いペースで終了させました。
そして現場に出向するようになります。

振り返って

まぁそして色々あって株式会社バタフライに転職をするのですが、その経緯は子供が関係ないので省きます。
あのタイミングで妊娠させていなかったら、おそらく今もゴミクズだったと思います。
娘、産まれてきてくれて本当にありがとうございます。
妻、僕のようなゴミクズの子供を産んでくれてありがとうございます。
ゴミクズの子供ですが、本当に愛想がよくて頭が良いいい子です。
キャリアについての岐路もいくつか通ってきましたが、娘のおかげで正しい選択をし続けることが出来ました。

最近では、「俺が養ってやってる」という勘違いをたまにするようになってしまっていますが、「妻と娘と息子のおかげでクズに落ちずにまともなサラリーマンやれている」が正しいので、定期的に思い出しておくためにもこういうエントリを書く機会をいただいて大変感謝しています。
choplinさん、素晴らしい企画をしてくださってありがとうございました!

こどもたちが友達に自慢出来るカッコいい父ちゃんになるために、意識を高い高ーいして日々研鑽に努めます。
ウェーイ

*1:あとで2年分遡って請求があったのでまとめて支払いました。