読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Studio3104::BLOG.new

uninitialized constant Studio3104 (NameError)

ubuntu11.10にnaveを入れてnode.jsを始める準備


最近fluentdを活発に利用している。
せっかくJsonでLOGがパースされているのだから、node.jsで解析したいなぁと思ったのでクライアントPC(ubuntu11.10)にnaveを入れた。

naveは、複数バージョンのnode.jsを、バージョン毎に管理して、切り替えて使えるようにしてくれるシェルスクリプト
node.jsのインストールも簡単。
perlbrewとかRVMのnode.js版。


  • インストール

まずはnaveを取得して、パスが通ったディレクトリにSymlinkを張ります。

studio3104@hoge:~$ if [ -d ~/opt ];then cd ~/opt; else mkdir ~/opt; fi
studio3104@hoge:~/opt$ git clone https://github.com/isaacs/nave.git
studio3104@hoge:~/opt$ sudo ln -s ~/opt/nave/nave.sh /usr/local/bin/nave
studio3104@hoge:~/opt$ cd ~


最新版を入れます。(※1)
インストール、かなり長いです。

studio3104@hoge:~$ nave install latest
######################################################################## 100.0%
fetched from http://nodejs.org/dist/v0.7.5/node-v0.7.5.tar.gz

[中略]

mkdir -p /home/studio3104/.nave/installed/0.7.5/lib/node_modules/
cp -rf deps/npm /home/studio3104/.nave/installed/0.7.5/lib/node_modules/npm
ln -sf ../lib/node_modules/npm/bin/npm-cli.js /home/studio3104/.nave/installed/0.7.5/bin/npm
studio3104@hoge:~$


最新stable版を入れるならこう。
依存チェックがあるのでエラったらapt-getしましょう。

studio3104@hoge:~$ nave install stable


使用可能なバージョン確認して、明示的に指定してインストールしたいならこうする。

studio3104@hoge:~$ nave ls-remote
remote:
0.0.1	0.0.2	0.0.3	0.0.4	0.0.5	0.0.6	0.1.0	0.1.1	0.1.2
0.1.3	0.1.4	0.1.5	0.1.6	0.1.7	0.1.8	0.1.9	0.1.10	0.1.11
0.1.12	0.1.13	0.1.14	0.1.15	0.1.16	0.1.17	0.1.18	0.1.19	0.1.20
0.1.21	0.1.22	0.1.23	0.1.24	0.1.25	0.1.26	0.1.27	0.1.28	0.1.29
0.1.30	0.1.31	0.1.32	0.1.33	0.1.90	0.1.91	0.1.92	0.1.93	0.1.94
0.1.95	0.1.96	0.1.97	0.1.98	0.1.99	0.1.100	0.1.101	0.1.102	0.1.103
0.1.104	0.2.0	0.2.1	0.2.2	0.2.3	0.2.4	0.2.5	0.2.6	0.3.0
0.3.1	0.3.2	0.3.3	0.3.4	0.3.5	0.3.6	0.3.7	0.3.8	0.4.0
0.4.1	0.4.2	0.4.3	0.4.4	0.4.5	0.4.6	0.4.7	0.4.8	0.4.9
0.4.10	0.4.11	0.4.12	0.5.0	0.5.1	0.5.2	0.5.3	0.5.4	0.5.5
0.5.6	0.5.7	0.5.8	0.5.9	0.5.10	0.6.0	0.6.1	0.6.2	0.6.3
0.6.4	0.6.5	0.6.6	0.6.7	0.6.8	0.6.9	0.6.10	0.6.11	0.7.0
0.7.1	0.7.2	0.7.3	0.7.4	0.7.5
studio3104@hoge:~$ nave install 0.7.0
  • 使用できるようにする
  • nave user VERSION

このように指定することも可能だが、バージョン番号が進んでしまうと、useしたときにまたクソ長い時間かかるインストールが始まってしまう。

studio3104@hoge:~$ nave use latest
studio3104@hoge:~$ nave use stable


インストール済みのバージョンを明示的に指定してあげるのがよいでしょう。

studio3104@hoge:~$ nave ls
src:
0.6.11	0.7.5	

installed:
0.6.11	0.7.5	

named:
lastest: 
studio3104@hoge:~$ nave use 0.6.11
Already installed: 0.6.11
using 0.6.11


次回ログイン時に自動的にuseするように、~/.bashrcに追記します。

studio3104@hoge:~$ echo -e "\n# Load node.js stable version\nnave use 0.6.11" >> ~/.bashrc 
  • sudo nave usemain VERSION

「nave use VERSION」だと、ログイン後のシェルをラップして新しいシェルでログインしたようになるので、ログアウトを2回しなければならず面倒です。
「sudo nave usemain VERSION」であれば、指定したバージョンのnodeを、/usr/local/bin/nodeとして設置してくれます。


  • パッケージマネージャ、npm

「sudo nave usemain VERSION」を実行した場合は、/usr/local/bin/npmも一緒に作られます。

「nave use VERSION」を実行した場合は別途入れる必要があるので、以下コマンドを実行。

studio3104@hoge:~$ curl http://npmjs.org/install.sh | sh





(※1)
lastestじゃなく、latestです。
自分は見間違えて大変苦労しました。
こんな感じでエラります(・∀・)

curl: (22) The requested URL returned error: 404

curl: (22) The requested URL returned error: 404

curl: (22) The requested URL returned error: 404
Couldn't fetch lastest